More Website Templates @ Templates.com!
HOME < SNS < Twitterは日本人向け?日本人がTwitterを好きな理由

Twitterは日本人向け?日本人がTwitterを好きな理由

日本のTwitterを運営するTwitter Japanの代表の方はこう言いました。「日本人のTwitter好きは異常だ」と。日本人はなぜTwitterをこんなにも利用するのでしょうか?そこには日本語と日本人の特性が関係していました。

  • Twitter 本社からも驚かれる日本人のTwitter利用度

    日本人のTwitterの利用頻度は本社の社員からも驚かれるほど普及しています。これは生活の密着度が高く、単なる情報発信だけでなく電車の遅延、地震の情報など自分の身に起きたことをすぐに投稿するからだそうです。Twitter Japanの取締役の方が言うには、ある店に行列ができているかどうか、Twitterで検索するとすぐにわかるのは日本だけだそうです。

    このほかにも有名なのは、金曜ロードショーで放映された「天空の城ラピュタ」の放映時に起きた「バルス祭り」でしょう。あのクライマックスのシーンで14万人が「バルス!」とつぶやき、過去最多のツイート数を記録しています。Twitter本社はこうした日本での普及ぶりを受けて、開発拠点を日本に新設させるほどでした。なぜ日本人はTwitterを使うのか、その理由とは何なのでしょうか?

  • 日本人 日本人と日本語の特性

    まず挙げられるとしたら、日本人は影響されやすく、集団行動を好むという点です。簡単に言ってしまうと周りが使っているから使ってみる、テレビで話題になっているから使ってみる、といったものです。芸能人や有名人が使っているのを見ると使ってみたくなり、流行に遅れていると思われたくない若い人たちが大勢いるのでしょう。他にも日本人がTwitterを使うのには、日本語の特性も関係していると思われます。Twitterは140文字という短い文章しか書きこむことしかできません。ですが、日本語はこの短文しか書き込めないという弱点をものともしないのです。そもそも日本語は英語に比べて単語の一つ一つが短く、例えば日本語で「情報」は二文字で済みます。

    しかし、英語だと「information」と11文字も使います。これは明治期の日本人が当時伝わった英語を訳す際に、新しい言葉を作ってしまったことに起因します。このことから、140文字程度なら十分文章を作れるし、意見を出し合ったり、議論をしたりすることも可能なのです。また日本人は文化的に見ても言葉遊びを好みます。平安時代以前から唄われてきた短歌は31文字で文章を成立させ、江戸時代に松尾芭蕉が確立させた俳句にいたっては、わずか17文字で文章を成立させます。Twitterの文字数限度のわずか10分の1の文字数で意味が通じる文章を日本人は作っていたのです。他にも大喜利のようなお題に対してうまい言葉や文章を作るといった遊びもあります。こういった言葉遊びの文化があったことも、Twitterと日本人との相性を深める理由の一つなのかもしれません。

    このように日本の文化そのものがTwitterとの相性が良かった、というのが理由に挙げられるでしょう。他に挙げるとしたら単純にTwitterに代わる短文のコミュニケーションサービスがないということもあるかもしれません。後に続くようなサービスやFacebookなどありますが、Twitterの方が見やすいし使いやすい、という声も聞きます。また首都圏などの通勤に電車を使うような人たちが多いのも、短時間で文章が書けるTwitterの利用度を上げているとも考えられます。あなたも通勤の時間や休み時間にTwitterをのぞいてみませんか?そこにはシリアスなものからお笑いネタまでなんでもあなたが楽しめるものがそろっていますよ。

TOP PAGE