More Website Templates @ Templates.com!
HOME < SNS < SNSに使う時間を意識的に割り振ってみよう

SNSに使う時間を意識的に割り振ってみよう

スマホがあればいつでもネットができるように、SNSも24時間利用が可能になりました。今まではメールで行っていたような連絡も、最近はSNSでまとめて伝えることができるので、ただのコミュニケーションに留まらない活用もできます。 ですが、そのせいで四六時中SNSに時間を割けば、私生活が犠牲になってしまいます。そうならないために、SNSはあくまで娯楽だと割り切り、時間配分について一度考え直しましょう。

  • 時間 仕事中や勉強中もスマホが手放せない!?

    最近は働き方が多様となり、自由で監視の目も少ない仕事がありますね。特にフリーランスなら自宅が職場みたいなものなので、スマホをいじったりしても怒られません。つまり、SNSにも割ける時間が多いともいえます。 また、学生も最近はスマホを持つのが当たり前で、これがないと友達作りすら不便らしいですね。若いといろんなことに対して積極的になるため、自由時間はSNSという自分にとって新鮮なサービスに、ついのめり込みやすくなります。 SNSを楽しむのは良いですが、長時間利用しているなら、現状をよく考えてください。「仕事があったけど納期に余裕があるから、ついSNSで駄弁ってしまった…」とか、「勉強そっちのけでSNSしてたら、成績がすごく落ちた…」という報告もありました。

  • スマホ 長時間のSNSが招くこととは?

    あなたの貴重な時間が犠牲になるだけでなく、SNSへ時間を割くほど、コミュニケーションに疲れやすいのはご存知ですか?俗にいう『SNS疲れ』は、利用時間が長い人ほど危険性も高まるのです。 SNSに疲れてしまうと、例えば「時間もないし楽しくもないけど、ちゃんと友達の投稿にいいね!しなきゃ…」と、作業感溢れる人付き合いにしかなりません。しかも無視したら気まずいと考えて、なかなかやめられないのも問題です。 その結果、貴重な時間が失われた上に精神的に消耗しきってしまい、自分自身の生活が破壊されることもあります。それはサービスを提供する側とて本意ではなく、お世辞にも正しいSNSの使い方だとはいえません。

  • 長時間のSNS SNSはゲーム感覚で時間を守ろう

    そこで、SNSと楽しく付き合っていくなら、『利用する時間を区切って楽しむ』ことを意識してください。その昔、「ゲームは1日1時間!」という名言がありましたが、それと同感覚です。 例えば、夜の8時から9時までを友達の投稿チェックに割り当てて、時間が終わればさっと切り上げる…こんな感じですね。また、スマホなら新着の投稿を通知する機能もありますが、それらは全てオフにしてください。 こうすることで、「残りを楽しみたいなら明日も頑張ろう!」と生活にメリハリが出ますね。娯楽は時間が限られるからこそ楽しく、大切に思えるでしょう。

  • 楽しい毎日 制限を設けて楽しい毎日を!

    SNSはゲームと同じで、ちょっとずつ進めることで、明日へのモチベーションにもなります。逆に、長時間の利用は生活の優先順位を狂わせて、長く楽しむには適しません。 自由な時間が多い人ほど、SNSも含めた時間割を作ってください。自己管理ができれば、結果的にネット上のコミュニケーションも有益になるでしょう。

TOP PAGE