More Website Templates @ Templates.com!
HOME < FACEBOOK < お喋り下手でも大丈夫!ネットならではのテンポ感を身につけよう

お喋り下手でも大丈夫!ネットならではのテンポ感を身につけよう

「自分はお喋りが下手だから女の子にモテない」そう考えているあなた!諦めることはありません。ネットでのコミュニケーションさえ上手くなれば、必ず異性から好感を持たれる男性になれるはずです。

  • テンポ感 人と人とは会話によって交流する

    人と人とのコミュニケーションの基本は会話です。会って顔を合わせてお喋りをする。これに勝る交流はないと言えるでしょう。しかし、逆に言えば、会話が苦手な人はコミュニケーションが下手、ということになってしまいます。特に人見知りの傾向が強い人にとっては、初対面の相手と何を話して良いのかがわからない、という場合も多いのではないでしょうか?そのせいで素敵な恋のチャンスを何度も逃してきたかも知れません。

    上記のように考えると、「世の中、コミュ力の高い奴だけがモテるんだ・・・」と嘆いてしまうでしょう。しかし現代にはネットという強い味方がいるのを忘れていませんか?今のコミュニケーションは会話だけではありません。メールやチャット、SNSなど全てを活用すれば、少しお喋りが苦手でもしっかり意中の相手のハートをゲットすることができます。

  • ネット ネットのテンポ感を身につければ大丈夫

    恋の勝敗を分けるのは駆け引きのうまさです。これは天性の才能も関係してきますが、ネット上であれば誰でも「モテ男」になりきることができます。その秘訣は「時間」にあります。

    会話というのはリズムが大切です。相手が投げてきたボールをキャッチし、早すぎず遅すぎずのタイミングで投げ返す。これをテンポ良く繰り返すことが、お喋りを盛り上げるコツです。しかし、どうしても頭が早く回らない、気の利いたセリフが浮かばない、という人も多いでしょう。テンポ感のある会話というのは、プロでも難しいものです。ちょっとの練習で身につくものではありません。

    しかしネット上でのコミュニケーションの場合は、会話に比べてワンテンポ遅いのが普通です。つまり、シンキングタイムが与えられると言って良いでしょう。相手が投げてきたボールをすぐに返す必要はありません。一度じっくりと眺め、さらにどこへどんな風に投げ返すか、考える時間があるのです。

    さらに、わざと時間を長引かせるというテクニックもあります。普段からそこそこ早いタイミングで来ていた返事が、ある時から急に遅くなると誰でも不安になるもの。この心理を上手く利用すれば、相手の心の中にいるあなたという存在をより大きくすることが出来ます。

    このように、実際の会話とネットのコミュニケーションには、実は大きな違いがあると言えます。ネット独自のテンポさえ掴めば、必ず意中の相手の好意を独占できるでしょう。お喋りが苦手なあなたは、ここを重点的に鍛えてみてください。

TOP PAGE