More Website Templates @ Templates.com!
HOME < SNS < Ustreamでわいわいしようぜ!

Ustreamでわいわいしようぜ!

Ustreamを使えば、誰でも手軽に自分の放送局を持ててしまいます。しかも、その範囲は日本全国のみならず、全世界に向けたものです。今やプロも利用する同サービスですが、いったいどのように楽しめばいいのでしょうか?

  • ジャンル さまざまなジャンルが、サイトにはあふれています

    まずは色々な番組を見てみましょう。アーティストの迫力のライブから、専門家の討論会。かと思えば、ひたすらペットの猫を撮っていたり、中にはゲームをしているだけだったり、なんて放送も。Ustreamでは規約に触れない限り、どんな放送を行っても良いことになっています。

    つまり、放送者の自由な発想が、そのまま番組となるということです。テレビは視聴率が全てです。スポンサーがいるので当然でしょう。しかしUstreamはまったくもってノーリスクです。誰も見なかったとしても、何万人が見たとしても、自分のやりたいことを貫ける自由があります。

  • デビュー 誰でもすぐにUstreamデビュー

    パソコンとWebカメラさえあれば、誰でも簡単に放送を行うことができます。まずはUstreamのサイトに行き、登録を済ませましょう。その後、番組の設定さえ行えば、すぐにでも放送を開始することが出来ます。

    先ほども書いたように、内容に関しては自由です。あなたが思うことを好きにやればいいでしょう。しかしそれだけではやはり視聴者は増えません。見てくれる人がいなければ、やはりモチベーションは下がってしまいます。

    クオリティーを上げるには機材の購入も必要です。高画質な映像を取り込めるカメラ。きれいな音を拾えるマイク。場合によっては、高性能なパソコンも必要でしょう。一度に全てを揃えるのは用意なことではありません。少しずつ、無理のない範囲で買いそろえていってください。

    番組が人気になれば、視聴者も増えます。右側のソーシャルストリーム欄には、番組を見ている人たちのリアルタイムな感想が反映されます。放送している側とみている側が手軽に交流できるのは、Ustreamならでは、と言えるでしょう。

    今やテレビの代わりにもなりつつあるUstream。放送をするのは、はじめは少し照れてしまうかも知れませんが、慣れてくるとやみつきです。視聴者に楽しんでもらえる番組作りを目指し、頑張ってみましょう!

TOP PAGE