More Website Templates @ Templates.com!
HOME < SNS < 日本のSNSというばmixiでしたが…

日本のSNSというばmixiでしたが…

今やすっかり勢いをなくしてしまったmixi。今後どうなっていくのでしょうか?全盛期から今までを、少し振り返ってみましょう。

  • mixi はじめてのSNSはmixi

    日本の元祖SNSと言えばmixiでした。まだFacebookもTwitterも日本人が知らない時代、mixiは口コミで徐々に広がり、気づけば誰もがやっているという広がりを見せました。当時の人々は、Webで何かを発信するためにはBlogか自分のホームページを持つしかありませんでした。しかし当然、SEOもなにも施されていないサイトはページビューも伸びず、作ったけど放置、というようなパターンが多かったと言えます。

  • 画期的な機能に、ユーザーは喜んだ

    mixi内にはブログ(日記)のサービスがありましたので、みんな外部のブログから、こちらへ切り替えました。なぜなら、マイミクと呼ばれるSNS上の友だちに、自分の更新情報がリアルタイムで伝わるシステムがあったからです。ある意味、マイミクになった時点で自動的にRSSの購読をしたのと同じになっていた訳です。

    日記を書けば、誰かが呼んでくれてコメントをくれる。何も書かなかったとしても、足跡機能というもので、誰がのぞきに来たか分かるというシステムは画期的でした。それまで外部のブログを更新しても、誰が来たのか、読んだのかは把握できませんでした。しかしmixi上であれば、それが一目でわかり、更新のモチベーションにも繋がっていたと言えます。

    コミュニティーと呼ばれる、同じ趣味・考えを持つ人たちが意見交換出来る場も非常に賑わっていました。匿名性の強い某大型掲示板と違い、ある程度素性がばれるmixi内では、誹謗や中傷が起きづらいというメリットもありました。ユーザーは皆安心して書き込みを行い、有意義な情報・意見交換を行っていました。

    海外の黒船は、やっぱり強かった

    しかし、TwitterとFacebookの登場により、mixiの人気は下火となっていきました。世界的なサービスはやはり力が強く、mixiに飽きてきていたユーザーたちは一気にそちらに流れました。いまやmixiは、日本の代表的なSNSの座を引きずり下ろされた格好となっています。

    一時代を築いたサービスですので、まだまだ今後の展開には注目が集まります。日本ならではの、ユーザーが喜ぶような機能を盛り込めば、まだまだ挽回のチャンスはあるでしょう。mixiのこれからに期待です。

TOP PAGE