More Website Templates @ Templates.com!
HOME < SNS < 恐るべきLINEの大流行

恐るべきLINEの大流行

今やLINEはコミュニケーションツールとして王者に君臨しています。今後ますます普及が進めば、いつかメールや電話は不要なインフラとして扱われる時代が来るかも知れないでしょう。なぜLINEはここまで爆発的な人気を博し、今なお人々から支持されているのでしょうか?

  • LINEの大流行 スタンプで広まったLINE人気

    LINEは当初、無料電話ができるチャットサービスとしてスタートしました。この頃は、今のように無料電話サービスというものが氾濫しておらず、さらに音質や遅延等が問題で今ほど普及がしていませんでした。最もメジャーだったのはSkypeでしょう。しかし、使い勝手の悪さ(登録が面倒・携帯電波だと通話品質が悪い・アプリが未成熟)が災いし、一般層への普及が出来ていないのが実情でした。

    実際、LINEもSkypeと基本機能は同じでしたので、ここまで広まるとは思われていませんでした。しかし決定的に違った2つの機能のおかげで、爆発的な普及に至ります。

    その一つがスタンプ機能です。可愛らしいキャラクターがさまざまな感情を表し、それを送り合うことでコミュニケーションを図る、という方法が若者の間で大流行したのです。スタンプは無料・有料で自由に追加することが出来ましたので、ユーザーは自分の個性を表現するために、面白いスタンプの収集に没頭したと言います。

    スタンプ機能は今も変わらない人気で、最近ではユーザーが自分で作成したスタンプを販売できるサービスもはじまりました。これにより、ますますスタンプの人気は爆発。今やコミュニケーションになくてはならないものとして扱われています。

  • スタンプ 友だちとの繋がりが簡単に構築できる仕組み

    さらにLINEが普及した要因の一つとして、電話帳アップロード機能が挙げられます。これはスマートフォンなどに登録されている連絡先からLINEユーザーを自動で捜し、友だちに追加できるというものです。Skypeの場合は、まずコンタクト申請というものを行わないといけない仕組みがありました。しかしこうした作業はユーザーにとって手間でしかなく、普及の妨げになっていたと言えます。

    簡単に友だちと繋がれるというメリットが受け、LINEはさらに人気となります。最近の若者の間では、友人との連絡は全てLINE。メールなどはほとんど使われなくなった、と言っても過言ではありません。

  • 友だち SNS機能も追加され、より便利に

    LINEはあるタイミングからSNS機能も搭載するようになりました。これはTwitterやFacebookのタイムラインと同等の機能です。メッセージを送り合わなくても、近況を手軽に報告できるという意味でやはり人気になっています。中には、「Twitterはネットに公開されるのが怖いから、身内しか見られないLINEの方が安全」という風に考えている人も多いようです。

    最近では芸能人や企業が公式アカウントを作成し、ファンや消費者との交流をはじめるという状況にも発展しています。今後ますます広がりを見せるであろうLINE。すでにインターネット上でのコミュニケーションには、なくてはならない存在と言えるでしょう。

TOP PAGE