More Website Templates @ Templates.com!
HOME < COMMUNICATION < 一人で生きていけないわけ

一人で生きていけないわけ

SNSを上手に活用して、いつまでも友人や知人とコミュニケーションをとりましょう。

「人はひとりでは生きていけない」よく耳にする言葉です。支え合い、助け合い、一緒に苦労を分かち合える伴侶や仲間がいるのは、人生においてとても心強いもの。ですが、全員がいつも近くにいてくれるわけではありません。

そんな時、SNSはお互いの距離を縮める手助けをしてくれます。実際に会うことには敵いませんが、疎遠になってしまうことを防いでくれます。いそがしく生きる現代人にとって、もはやなくてはならないものでしょう。

  • 一人 あいつは最近、元気にしてるかな?

    例えばFacebookは、遠く離れた友人の近況を知るのに非常に適したツールです。投稿を眺めていれば、友人に起こったさまざまなことをネット上から知ることが出来ます。結婚をした、子供が生まれた、引っ越した。また、投稿がなければ、「何かあったのかな?」と心配することも出来ます。便りがないのは元気な証拠ですが、投稿がないのは、何かの変化かもしれません。

    あなたの近況を友だちに伝えることも出来ます。最近あった出来事を伝えることで、久々の再会でも、まるでいつも会っていたかのようなコミュニケーションが取れるでしょう。もちろん、お互いの最近の出来事を話し合うことも楽しいもの。「SNS見てるなら知ってるでしょ?」といわず、会話を楽しむこともお忘れなく。

  • 元気 他人がいるから、自分がいる

    SNSを使っていれば、お互いのことを認識し合っていられます。サイトやアプリでアクセスするだけで、友人の今がわかる。実はたったこれだけで、疎遠になることを回避出来ます。

    毎日は忙しさの連続です。自分のことで手一杯になってしまうと、誰とも交流を持てなくなることもあるでしょう。そうするうちにだんだんと、お互いの存在が頭の中から薄れて言ってしまいます。いつしか連絡をとることすら気まずくなり、友だちが知人に、そして他人になってしまいます。

    人はやはり、一人では生きていけないものです。どんなにインターネットが普及し、便利になったとしても、人との繋がりをなくせば、心にはいつも虚しさという隙間が出来るでしょう。自分を認識してくれる他人がいること。そして、その人たちと楽しく行動を共にすることで、自分自身を認識できます。SNSはあくまでサポート的な役割しか果たしませんが、確実に私たちの心の距離を縮めてくれるツールです。

    SNSは私たちにとって確実に必要なものです。爆発的な普及を見ていれば、それは明白でしょう。人々は繋がりを求めています。ネットとリアル、どちらも大切にして、これからの時代のコミュニケーションを、自分のものにしてください。

TOP PAGE