More Website Templates @ Templates.com!
HOME < FRAUD < LINE

便利だからこそ危険?LINEが抱えるさまざまな問題

最近大流行中のLINEですが、便利な故の弊害というものが起こっています。それが「既読無視」問題です。さらに「LINEアカウント乗っ取り」及び「なりすまし」という犯罪まで起こっています。

  • LINE 便利さが裏目に?既読無視問題

    LINEの機能のひとつとして、既読機能というものがあります。これは簡単に説明すると、送られたメッセージを相手が読んだかどうか確認できるものです。メールにおける開封確認に似たものと言えるでしょう。重要なメッセージであれば、読まれたかどうかは非常に気になるものです。また、相手の安否を確認したりするのにも有効とされています。人によっては、なくてはならない機能と言えるでしょう。

    しかし、ちょっとしたコミュニケーションに限って言うと、この機能はある問題を抱えています。それが「既読無視」です。これは「LINEのチャット画面上に既読マークが付いているのに、返信が来ない。もしかして、無視されている?」と思ってしまう問題です。

    メールなどの場合は、「返信が来ないのは忙しいからかな?」と思うのが普通です。しかしLINEの場合チャット形式で会話が行われるため、即レスが当たり前になってしまっている現状があります。普段からのやり取りが多ければ多いほど、既読が付いているのに返信が来ないという状況は「無視されている・・・」という感情を助長するのでしょう。人によっては「既読を付けたら返信をしなくてはいけない」という強迫観念に似た思いのせいでLINEが開けず、重要なやり取りを後で知ってしまうというケースもあるようです。

  • 知っている人だから大丈夫?LINEアカウント乗っ取り問題

    LINEはメールアドレスとパスワードでアカウントにログインをします。認証が簡単な分、手間が省けて楽なのですが、そのせいでひとつ問題が起こりました。それが「LINEアカウント乗っ取り問題」です。

    突然知り合いから「iTunesカードを買ってきて」というような連絡をLINEで受けたら要注意。普段普通に会話をしている相手からのメッセージなので、ついつい油断してしまうかもしれませんが、これは乗っ取られたアカウントによる「なりすまし」の可能性が高いと言えます。

    「こんなの誰も引っかからないだろ」と思われるかも知れませんが、なんとすでに被害は都内で100件以上。総額にして650万円を超えているようです。詐欺メールや知らないアカウントからではないので、多くの人が不注意に要求を呑んでしまっているのですね。今回のなりすまし詐欺はかなり大々的に報じられたので、今後被害は少なくなっていくでしょうが、また新たな手口がいつ出てくるとも限りません。少しでもおかしいな?と感じたら、疑うようにしましょう。

    LINEは非常に便利なツールです。そして、非常に人気が高いとも言えます。しかし、これが原因で起こる問題や犯罪が増えているのも事実です。利用者それぞれが正しく利用し、防犯の心構えを持っていればそれほど大きな問題ではありません。楽しく便利にLINEを使えるよう、それぞれが注意をしていきましょう。

TOP PAGE